婦人

治りにくい皮膚炎

女の人

アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返して、なかなか治らない皮膚の病気です。皮膚の免疫機能が過剰に働いている状態なので、肌への刺激を極力抑えるよう努力しましょう。化粧をあきらめる必要はないですが、肌にやさしい化粧品を選ぶようにします。

もっと読む

表面をコーティングする

ウーマン

お肌の表面をコーティングしている皮脂と上手に付き合うことが乾燥肌対策においてはとても重要になります。よって、洗浄力が強力な洗顔料ではなく、昔ながらの石鹸のような洗浄力が少し抑え目の洗顔料を使った方が乾燥肌に関していえば理想的です。

もっと読む

保湿成分プロテオグリカン

化粧水

乾燥を改善する

季節に関係なくオールシーズン肌が乾燥している人は、水分をため込む力が低下しているという。改善したい人は「プロテオグリカン」が入った化粧品が適している。この成分は、深海で生息するサメからとれる成分で、浸透させるとカサカサに乾いていた乾燥肌の水分量を高めてくれるという。使っているうちに、さわるともっちりとした潤いのある肌に改善されていく。サメからとれるプロテオグリカンは、これまでの間大量に生産できないのが難点とされていた。しかし、最近はサケから抽出できる製法が生まれ、大量生産できるようになったと言われている。化粧品の価格が安くなってから、今まで高くて手が出なかったという乾燥肌の人たちを救っている。高まる水分量のお陰でモッチリ美肌を実現できるはずだ。

お湯の温度を保つ

乾燥肌の水分量を満たしてくれる「プロテオグリカン配合の化粧品」はたったひとつだけデメリットがある。それは熱に弱いことで、熱を通すと一気にパワーが衰えるという。高温になる場所に置くと品質が変わってしまうおそれがあるので、夏場は置場所に気をつけなくてはならない。一時的に冷蔵庫で管理するのも良い方法である。プロテオグリカンの化粧品は、品質の良い原料を使っているかを調べておく。原産地を明らかにしているメーカーは、自信をもっているので、信頼度が高いという。乾燥肌は刺激に弱いので、化粧品を選ぶときは低刺激であることを確認する。洗顔の際に熱いお湯を使うと必要な成分まで奪われてしまうので、お湯の温度は40度を保つ。

刺激を抑えて保湿ケアを

化粧水と女性

外部刺激は敏感肌の方が特に注意をすべきことです。刺激の強い化粧品や紫外線などがこれに該当します。知っておきたい敏感肌の方のためのケアテクニックとして、洗顔と保湿があります。洗顔料は低刺激のものを、保湿は化粧水や美容液に多くの保湿成分が入っているものを選びます。

もっと読む