女性

刺激を抑えて保湿ケアを

化粧水と女性

外部刺激には気をつける

生まれつき肌質が弱くて敏感肌な方もいますが、実は外部刺激が影響して敏感肌に変質してしまうケースも多く見られます。敏感肌を引き起こす外部刺激は様々なものがあり、それらに逐一気をつけておくのが健康的な肌の維持には理想的です。一例を挙げると、化粧品による刺激にも注意を要します。特に刺激の強い成分が配合されている化粧品は敏感肌の方は避けるべきです。香料やパラベンといった添加物、さらにビタミンCも美肌効果は高いですが、多すぎると刺激物になるので注意をしておきます。天然成分を使った、低刺激な化粧品が敏感肌の方には向いています。また紫外線も気をつけるべき外部刺激です。紫外線は光老化と呼ばれる、肌の老化現象を引き起こすためです。紫外線対策を日々行うことで、敏感肌の改善に繋げられます。

洗顔と保湿がポイント

季節の変わり目や紫外線の強い日など、敏感肌の方は肌が乾燥してカサカサ状態になったり、湿疹でかゆみが生じたりといった症状が現れやすくなります。その状態でメイクをするとさらに症状が悪化することもあるので対策が必須です。覚えておきたい敏感肌の対策として、特にキーポイントとなるのが、洗顔と保湿です。まず洗顔は、とにかく低刺激のものをチョイスすることです。低刺激の弱酸性タイプや無添加タイプ、さらに微アルカリ性の洗顔料も勧められます。また洗顔時は強く洗わないことも敏感肌対策のテクニックの1つです。たっぷりと泡立てて、肌に直接手の皮膚が触れないようにするのがポイントです。保湿も同様に敏感肌の方には重要です。化粧水や美容液は保湿成分が多く配合されたものを選びます。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった成分を補えるタイプの化粧品がベストです。